■電磁波レーダシステムの特徴

対象物

被測定対象物は全ての非金属材料:耐火レンガ、キャスタブル、コンクリート等。


原理

電磁波の伝播特性を活用し、受信信号波形をモデル化した予測波形と
実際の受信信号とのパターンマッチングによる解析手法。
(山口大学 田中正吾教授特許「信号伝播モデル法」)


表示

市販の電磁波レーダを使用し、弊社が開発した「電磁波レーダシステム」で解析。
従来のBモード濃淡画像表示に代わり、解析結果をグラフや数値でリアルに表示。


精度

非金属材料の厚さ、空洞及びクラック等の位置を迅速かつ高精度で測定。